文字が汚くても手書きの宛名からは伝わるものがある!

年賀状をもらった人のことを考えるとやっぱり手書き!

毎年暮れが近付くとボチボチ年賀状の準備を始めます。

 

いろいろと付き合いがあるので、ネット社会の今でも、アナログな年賀状を大事にしています。
いや、こういう時代だからこそ逆にハガキが届く、
ということが何か大きな意味を持つように思っています。

 

とは言え、年賀状そのものはパソコンで一気に作ってしまいます。

 

そのかわり、一言コメントと、宛名だけは手書きで書くようにしています。
あまり字がきれいなほうではありませんが、それでもやはり手書きにこだわっています。

 

手間の面でも、個人の年賀状程度のものならば、さほど変わらないのかもしれません。
印刷するにしても、結局は一人一人パソコンに入力しなければいけないわけだし。
お店の顧客リストとかとなるともちろん話は別ですが。

 

少々の手間がかかるとしても、やはり手書きの宛名というのは、
受け取った側からするとまるで肉声で自分の名前を呼ばれているような、
そんな人間対人間のふれ合いを感じてもらえるものなんじゃないかと思うんです。

 

たとえ少しぐらい字が汚くても、差出人がその手で自分の名前を書いてくれた、
ということは、思った以上に「気持」が感じられるんじゃないかと思うんです。

 

少なくとも、自分が受け取ったときはそう感じます。